乗馬用品のキュロットの選び方

乗馬用品の選び方を知っておきたいと考える人たちも、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
まずは、乗馬専用のキュロットの選び方をあらかじめしっかりと知っておきましょう。
キュロットのタイプとしては、足首の周りの部分をマジックテープで留めるタイプのブリーチタイプとマジックテープが付いていない普通のズボンと同じジョッパーズタイプが有るということを、あらかじめしっかりと頭に入れておきましょう。

ブリーチタイプであればブーツの中にズボンの裾を入れた上で着用することになります。
ロングブーツに合っているタイプですが、万が一ショートブーツを履いている場合であっても中に裾を入れた上で履く事が可能です。

ジョッパーズタイプであればブーツの外にズボンの裾を出した上で着用をするのが一般的です。
ショートブーツに合っていますが、ロングブーツを履く時であっても裾を折り込んだ形で履く事が出来ます。
日本においては殆どの人がブリーチタイプを着用しています。
万が一ショートブーツを履いた時であってもブーツの中にブリーチタイプの裾を入れた上でチャップスを付ける場合が多いです。
しかしながら、チャップスを付けないでショートブーツを履いて騎乗する時には、ブーツの中に砂が入りにくくて更に見栄えが良いジョッパーズタイプの方のキュロットを選ぶことをお勧めします。

反対に欧米諸国においてはジョッパーズタイプを履く人の割合が非常に多いのが事実です。
キュロットを選ぶときには、あらかじめしっかりと注意をしておかなくてはならないことがあります。
それは、ブリーチタイプであれば裾の部分が特殊な形となっているので裾上げをするのが難しいということです。

ジョッパーズタイプであれば普通のズボンと一緒の形なので、家庭でも裾上げを簡単にすることが出来ます。
子供さんの成長に合わせたうえで裾の長さを調整したい場合にはジョッパーズタイプを選ぶと非常に便利だと言えます。